目からウロコが出たTwitterのbot機能の使い方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は宣伝目的で自動でTwitterをつぶやかせることに、あまりいい印象を持っていませんでした。

それが発達障がいやADHDの気づきのために使っている人がいて、

「こういう使い方はいいな!」

と感銘を受けて、それから私も使ってみることにしました。

発達障がいってなんせ忘れっぽいし、集中しだすと気がつかないことも多いので、Twitterをチェックしているだけで、何か思い出したり気付くってすごく便利です。

 

お昼や夕方になると決まった時間に

「過集中になってない?疲れてない?」

「背伸びしてリラックスしよう」

「お薬飲んだ?」

というつぶやきが流れてきて、ふっと息を抜くことがありました。

ツイッター依存気味なんですが、それをうまく活用したやり方です。

自分への気づきと同時に、誰かへの共有となっているのがいかにもSNSの利点を活用できていて「なるほどな」と思いました。それからbotへのマイナスイメージが消えて、どうやって有効利用しようか?ていうのを考えるようになりました。

 

面白い画像やGIFアニメも気軽にTwitterでつぶやけるようになりました。

面白かったり、いやされたり、予想以上の効果があると思います。

「面白い」という基準は人それぞれ違うので、不快に思う人も中に入るかもしれませんが、それはきっと「以前の自分なんだ」と思うようにしています。

利点に気づいていないだけかもしれません。

そもそも万人ウケを狙うとダメ。

 

Twitterの自動つぶやきシステムの使い方について、アフィリエイター仲間のあんなさんのブログでコメントしたら、いたく感動していただいて、あらためて私のブログを紹介していただきました。

普段よりもアクセスがグンと伸びました!

 

あんなさんはシングルマザーで派遣社員だったけど、「これじゃいかん!」ということでアフィリエイトを始めたそうです。もうメルマガ読者も900人以上いるらしい影響力のある人です。

 

Twitterのbotで人に勇気と元気を与える使い方

 

私が利用しているbotはコレ→ http://twittbot.net/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。