感情をおもしろく伝える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近のインターネットは、音声や動画も注目されていますが、コアになってるのはやはり文章です。文章力を磨くのは必須です。だけどいきなり面白い文章を書くのは難しいですよね。

マインド的なアドバイスとしては、
友達にメールを送るような感覚で書くと読まれやすいです。
つまりたくさんの人を対象に書くのではなく、ひとりの人に向けて書くんです。

そうすると共感する人がたくさん出てくるという、インターネットのマジックが起こります。

専門用語ではペルソナっていうんですが、難しい話は置いといて、そういうことなんです。

え?っと思われるかもしれませんが、例えば高学歴をさらけ出してお堅い文章で、

だぁぁぁぁーーーーーーー (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

っと書く文章を読んでくれる人ってどんな人ですか?
おそらくあなたよりも既に知識があるような人だと思います。

なので、読まれないんですよね。
そういうお堅い文章は。

日本人は漫画を読む人は多いけど、取扱説明書を毎日読む人はあまりいませんよね。
なのでネットで書く文章も、少しくだけた感じの方が読まれやすいです。

いや、私は難しい文章を毎日読んでるよ!
って人は、自分の感覚はひとまず置いておいてください。
それは読者目線になれてませんから。

私もはじめは顔文字ばっかりって抵抗あったんです。
人をデスッたりしてるイメージがあったんで。

それで映画かなんかを見てて

例えば 電車男 とか モテキ をみてて、
文字がだぁーーと流れてきたりする演出が面白いなって感じて
それで取り入れるようになりました。
顔文字って一瞬で感情を伝えることができるんですよね。

これはもともとインターネットが文字だけのコミュニケーションだったので、
なんとか感情を相手に伝えたいっていう工夫が生んだ文化なんですね。

最近思わず吹き出してしまった顔文字がこれです。

・・・知らんがな (´・ω・`)

ぷっ!!

行間をどれだけ開けるかも大事です。
漫才でいう 間 です。
一文字スペース開けたりするのも計算して書いてるんです。

参考になりましたでしょうか?

顔文字カフェ http://kaomoji-cafe.jp/

こちらには表情豊かな顔文字がたくさんありますので、
自分の好きな顔文字をコピペしてストックしておくといいですよ。

【 私がいつも楽しみにしているメルマガ 】

ネットビジネスでかなりレベルの高い成功をされているだいぽんさ
メールが届くのが楽しみなメルマガってあんまりないんですが、
だいぽんさんの書く文章はおもしろいです。

引き込まれちゃいます。

メルマガもかなり面白いですよ (^_-)☆

登録はこちらです→ http://blog.tensay9.com/jl2j

もう登録している人は、だいぽんさんのメール内容も参考にしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。