AKIRA 映画

AKIRA 映画の最後のシーンの謎と隠されたメッセージ【あらすじ・考察・解説】

AKIRAの最後のシーンって本当はいったいどうなったんだろう?

そう思い原作を読み返し、そしてネットでも検索してみたけど納得いく説明がひとつもなかった。

しかしヒントをひとつ見つけた。

大友克洋がAKIRAに込めた本当の意味。

本当のラストシーンに迫ることができた!

》渋谷でAKIRAのアートウォールを観てきた!

 

AKIRAのラストシーンに込められた本当の意味【あらすじ・考察・解説】

東京オリンピック、大地震、テロ、天災、人災、安保法案可決、

そんな今だからこそ再度、AKIRAに込められたメッセージを確認してみたくなった。

 

AKIRA コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)

AKIRAについて

1982年に連載開始。
1990年6月に完結。
1988年には映画化され社会現象にもなった。

完結から25年経った今でも風化しない内容です。

物語の中心となるのは2019年のネオ東京。

1982年、新型爆弾が使用され3度目の世界大戦勃発、それから38年後が舞台だ。

AKIRA アニメ映画版と原作漫画の違い

登場人物などはほぼ一緒だが、人間関係や設定、ストーリーなどが違う。

キャラクターによっては全く違う。ラストシーンの描き方も違う。

アニメの限界を超えたアニメ

次のページへ >

-AKIRA, 映画

© 2020 エンタメワールド