PDCA思考は3流だ!マーケティングとは?プロモーションとは何なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マーケティングとプロモーションの違い

私が尊敬するコンサルタントの方が興味深い問題提起をされていたので、
少し紹介させていただきます。

マーケティングをプロモーションのことだと勘違いしている人が多い。

興味深いお話だなと思い、ぼくはこう返答しました。

プロモーションはマーケティングのひとつの要素でしかなく、
マーケティングとは顧客ニーズやウォンツの調査から販売計画まで綿密に行うこと。
つまりプロモーションだけやってれば売れると考えるのは、
パソコンのワープロ的機能しか使っていないことと同じで「もったいない」ということでしょう。

ズバリ、まともな回答をしましたが・・・

頭で定義することは簡単ですが、これを行うのは知識と経験が必要です。
もちろんぼくはまだまだできてない部分もあると自覚しています。

マーケティングやプロモーションの勘違いは、ブログやメディア運営にもいえます。

 

ブログやってるけど読者増えないんですよね・・・

アクセス増えないんですよね・・・

という相談が多いです。

 

そもそも自己プロデュース・ブランディングができてなくて、

それ、誰に向けて書いてるの?

うーん、・・・自分

っとズッコケル場合が多い。

 

自分」というターゲットも
自分のように感じている人に向けて」ということなら、
共感してもらえるペルソナが浮かび上がってくるので効果が期待できます。

他人に共感してもらう書き方ができずに、ただの自己満足のブログになっている。
こういうブログは山ほどあります。

 

自己プロデュースについてはこちらの記事を読んでください。

 

ブログ読者を増やしたい・アクセス数を増やしたい

ブログ読者を増やしたい・アクセス数を増やしたいブロガーやメディア運営者はたくさんいるでしょう。

ただ見てもらいたい=プロモーションだけに力を入れる

それは大きな間違いです。

その前に大事なことがあります。

他人に価値提供できているか?」ということです。

人の役に立てばお金がもらえるというのがビジネスの世界です。

 

マーケティングにおける大きな間違いについて話します。

 

マーケティングにおけるPDCA思考の大きな間違い

PDCAは間違いだ!」というのは極論ですがあえてこう書いておきます。

 

マーケティングとは商品開発から始まります。

ビジネスの思考にPDCAというのがあります。

しかしこれは3流の思考として一部では有名です。

3流メディア運営者の思考

Plan = 計画

Do = 実行

Check = 評価

Act = 改善

PDCAのどこがいけないのか?と疑問を持つ人も多いと思います。

間違いではありませんが、大事な要素が抜けています。

 

マーケティングにおいてSPDAという考え方があります。

1流メディア運営者の思考

Search = 調査

Plan = 計画

Do = 実行

Analytics・Act = 分析・改善

調査と分析が非常に大事です。

調査なくしてニーズやウォンツを掴むことはできません。
分析なくして改善はできません。

 

インターネットは調査・分析がとてもやりやすいメディアです。
数値にはっきり表れます。

GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールなど無料で使える優秀な調査・分析ツールがあります。まだ活用していないようなら結果が出なくて当然です。

 

まとめ

SPDAの思考があれば、あなたのビジネスの成功確率は高くなるでしょう。

調査と計画をしっかり行い、
あとは実行と分析・改善をやり続ければ結果が出る状態にします。

調査と計画が出来上がった段階で、そのプロジェクトの成功が見えていないと、いくら取り組んでも失敗します。ビジネスは一か八かのギャンブルではありません。

たくさんの成功事例を知っておくのも調査のうちです。
そこにいくらお金を投資してもいいぐらいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。