インターネットの使い方を教育されていない日本はおかしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットの教育について

ここまでインターネットが社会に必要不可欠になっているのに、インターネットの使い方を学校で教えてもらったことはないですよね?今はさすがにあるのかな?

パソコン入力の授業とかは、私が高校生の時に既にあったと思うけど、私はそういう自由科目は確か美術を専攻していました。

 

私は独学でホームページ制作と運営方法を覚えました。

HTMLという言語をテキストエディタに打ち込んで、レイアウトを工夫してリンクを貼って、サーバーにデータをアップロードして公開して。掲示板やメールでバンバンメッセージ来た時は本当に嬉しかったです。それだけでも新鮮な世界でした。今はネット経由でメッセージが来るって当たり前になってて、新鮮味どころかストレス感じる時もありますよね(笑)

 

WEBデザインの学校

10数年前にデジタルハリウッド、デジハリに行く人も増えたんですが、私はスキルがない人が行くところだと思ってバカにしてたんです。今となっては行っときゃよかったって思ってます。仲間ができるんですね。それで仕事をシェアしたりして、今も最先端の仕事をしてる人はたくさんいます。もちろん技術的にも私なんかの独学よりもはるかに上の人が多くて、だいぶ後になってそういう人たちと交流する機会があって、自分のスキルのなさに愕然としました。(あとから私も勉強してスキルアップしました)

学校に行くメリットっていっぱいあるってことです。

 

だけど・・・

デザイン、コーディング、プログラム、ディレクション、SEO対策などいろいろ技術的なことはしっかり教えてはもらえるようですが、インターネットを活用した経営ってどこまで教えてもらえるんだろう?って疑問に思っています。

そこが出来てないと、なんのためにWEBを作るのかわからなくなります。ただ制作してそれを売るだけになってしまいます。

コンサルタントじゃないから、デザイナーやプログラマーはそこまでやらなくていいのかもしれません。クライアントやディレクターの指示で、その目的にあった成果物を作るだけでいいのかもしれません。でもそれって面白いのかなぁ?

 

インターネットの分野ではデザインやプログラミングを含めて、仕事は激減するんじゃないかと思っています。無料や安価で仕組みが整っているサービスがどんどん増える、もしくはシェアを伸ばしていくからでからです。はてなブログも良いサービスを安価で提供している会社ですね。中小企業や個人店なんかでも、どんどん使えばいいと思います。

 

アフィリエイトの学校はない

デザイン系の学校はあるけど、アフィリエイトを教えてくれる学校はないですよね?

全部オンラインセミナーとか、情報商材に持って行かれてますよね。

オンラインスクール、課金制度の塾やサロンなんかを運営すれば、たちまちあやしいって言われるのが、アフィリエイトの世界だと思います。

 

でも、これはおかしいと思います。

今のアフィリエイトの世界って、昔ホームページ制作が流行り出した頃に似てます。

私が昔、独学でいきなりフリーランスのWEBデザイナーになれたのは、世の中にWEBデザイナーがほとんどいなかったからです。デザイン事務所でさえ、DTPの導入を思考錯誤しながらやっていた時代です。ホームページ制作に対応できなかったんです。

こりゃすごいチャンスだぞ!って気付いてうわぁーーーって一生懸命やって大成功したのが堀江貴文さん・ホリエモンです。大失敗もしましたけれど。

 

ホリエモン、私と同じ年なんですよ。

脳や思考、経験が違うだけで、成功の差がはっきりでます。

アフィリエイトの歴史って、日本でももう10年ぐらい経過してると思いますが、まだまだ空白の多い世界なんです。特にアフィリエイトの仕方を教える世界は。

ただ、もうあと5年ぐらいで決着がつく世界じゃないかと思います。

どういうことかというと、当たり前の世界になるってことです。

 

なんの仕事やってるの?

アフィリエイト

いいねぇ。
私もちょっとやってて5万ぐらいはもらえるようになった。

 

こういう会話が当たり前になると思います。

その時は日本も物価がさらに上がってて、それぐらいの副収入じゃ太刀打ちできないほどになってると思います。さらに貧富の差が激しくなります。

アフィリエイトにメリットを感じてるなら、今やり方を覚えて早めに成功したほうがいいです。

  • 読んだよ通知にポチッとクリックしてくれるとうれしいです(^▽^b
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。